arflex
アルフレックスの歴史
1951イタリア
建築家マルコ・ザヌーゾ、イタリアゴムメーカーのピレリ社と
アルフレックスによる1脚のチェア<レディ>が誕生。
「トリエンナーレ」で金賞を受賞し、鮮烈なデビューを果たした。
1966イタリア
保科 正(後のアルフレックス ジャパン創立者)がミラノで、
アルフレックスと出会う。アルフレックスの工場で1人の工員として、
ソファを製作するすべての作業を身につける。
1969四谷
アルフレックス ジャパン 設立
「お客様のご注文を伺い、イタリアと同じように手作業で製品を
つくり、自分達で届ける」というポリシーは、今も生き続けている。
1969青山

<ショップ アルフレックス>
イタリアモダンデザインの先駆けとして、
初の直営店がオープン。日本でのモダンライフの幕開け。

1971

ジャパン初のオリジナルソファ<レインボー>がデビュー
日本での自社開発が始まった。

1971
「着たり・脱いだり・洗ったり」の<マレンコ>誕生
カバーリングという発想を日本からイタリアへ輸出した。
1977
チニ・ボエリベンゴディ>発表
ソファに対するアルフレックスの基本コンセプトを
実現したハイエンドモデル。
1977
デザイナー川上元美とアルフレックスが出会う
フレームとテープの組み合わせのチェア<NT>が誕生
ダイニングの新しい生活スタイルを提案する。
1981六本木
AXISビルに、<ショップ アルフレックス>がオープン。
インテリアデザインは、チニ・ボエリが担当。
1985
関連会社<アルフレックス・エグゼクティブ>が、
オフィスマーケットを対象に誕生。
現在はアルフレックスジャパン コントラクト部門として活動。
1986

エー・ソファ>発表
アルフレックスを代表するロングセラー製品へと成長した。

1987

カーサミア河口湖>建設
アルフレックス設計部によって、アルフレックスのライフスタイルを
具現化したモデルハウス、研究棟などを建造した。

1995
収納家具<コンポーザー>と、ベッドを発表
生活空間をトータルに快適な空間演出が可能となる。
1997東京
直営店<カーサミア東京>とし、
広尾・恵比寿プライムスクエアへ移転
2002大阪
直営店<カーサミア大阪>、御堂筋へ移転
2002青山
ソーナ>発売
くつろぎをテーマとしたユニットを次々と発表し、
提案するライフスタイルを進化させ続けている。
2003広尾

直営店<カーサミア東京>は、
アルフレックス ショップ 東京>に名称変更

2005大阪
直営店<カーサミア大阪>は、
アルフレックス ショップ 大阪>に名称変更
2008旭川
北海道・旭川に、ソファ自社工場
<AJプロダクツ 旭川>を開設
2011名古屋
名古屋に東海エリア初の直営店、
アルフレックス ショップ 名古屋>をオープン